三重化糧 創業明治40年

主な社歴

明治40年 創業者渡邉徳之助が現在地において麦芽米飴の製造を開始。
大正13年 三重製飴合資会社として法人組織とする。
昭和初期 麦芽米飴の需要拡張期に入り、日本全国、中国(旧満州)東部まで販路を広める。
昭和10年 徳之助の長男が二代目社長に就任し徳之助を襲名する。
昭和14年 でん粉による、晒水飴(酸糖化法)の製造開始、全国発売し大好評を博す。
昭和19年 農林省指定工場となる。
昭和22年 三重製飴株式会社を資本金50万円とする。
昭和32年 粉末ぶどう糖の製造開始。
昭和34年 酵素法による水飴とぶどう糖の製造開始。
昭和37年 社名を三重化糧株式会社と改め、資本金5,000万円に増資、渡邉之雄が三代目社長に就任。
昭和39年 液状ぶどう糖(醸造、缶詰、洋菓子向け)の製造開始。
昭和44年 「全糖ぶどう糖」農林省JAS認定工場となる。業務用喫茶シロップの製造開始。
昭和45年 異性化液糖(ハイフラクト)をバッチ方式で製造開始。
昭和47年 医薬培地用ぶどう糖液の製造、保税認可工場となる。
昭和49年 デキストリンシラップ(E.D.M)の製造開始。
昭和50年 連続異性化液糖の生産プラント完成により製造開始。液状マルトース(ハイマルトース)の製造開始。
昭和51年 「異性化液糖」農林省JAS認定工場となる。

分岐オリゴ糖(イソマルトオリゴ糖)の製造開始。

昭和52年 資本金7,000万円に増資。
昭和55年 「高果糖異性化液糖(ハイクラフトF-55)」農林省JAS認定工場となる。
資本金8,400万円に増資する。
昭和57年 米糖化プラント完成、(医療栄養食品素材製造開始)、米飴・可溶性タンパク含有(ライスシラップの製造開始。
昭和58年 ビフィズス菌増殖因子フラクトオリゴ糖(明治製菓協力工場)の工業的製造開始。
昭和59年 飼料用オリゴ糖入り製品の製造開始。
昭和60年 渡邉 瞳、四代目社長に就任する。 モルトエキス(大麦)の製造開始。
台湾、新和美果糖股分有限公司に製造技術援助契約する。
平成 7年 渡邉 誠が五代目社長に就任。
平成 9年 「マルトオリゴ糖」のオリゴG3の製造開始
平成10年 大学研究機関と糖類の生体調整機能面で共同研究を開始する。
平成11年 機能性食品の研究開発部を発足、本格的な取り組み始める。
脳の栄養源「ぶどう糖100」の製造販売開始。
平成12年 水抽出法ガラナエキスの肝機能改善、学習記憶力向上等を検証。
イソマルトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖の免疫力活性と感染症抑制の検証。 熱傷者・健常者皮膚再生代謝補助食品素材、化粧品素材「コラーゲンセラミド」の製造開始。
平成13年 ガラナエキスの虫歯菌に関する低う触性の検証。
平成14年 痴呆注意欠陥症の予防補助食品「G・Mサプリ」を開発する。
平成15年 造粒、整粒、打錠による健康食品・素材の提供開始。
平成16年 ISO 9001(2000年版)国際品質規格マネジメントの認証取得。
平成16年 微量成分専用濃縮機(小型パイロットプラント)を新設。
平成21年 ISO 9001 (2008年度版) 更新。
平成27年 渡邉 滋が六代目社長に就任。

△ページのトップへ


Copyright (c) 2004 三重化糧株式会社 All rights reserved.
三重県三重郡川越町高松615 / TEL:0593-65-2231