三重化糧 創業明治40年

ぶどう糖で脳のエネルギー補給

 人が食品として炭水化物を摂取すると、体内の消化管でぶどう糖に分解され、小腸で吸収されエネルギー源となります。ぶどう糖を摂取する事は、すばやくエネルギーを補給する事になります。  

 また、私たちの脳はエネルギー源としてぶどう糖しか使いません。脳の重さは体重の約2%ですが、体全体のエネルギー量の15〜20%を消費していますが、脳に蓄積できるエネルギー量はごくわずかです。

 10時のティーブレイク3時のおやつといった間食は、脳へのエネルギー補給という観点からも理にかなっていると言えます。 

 お腹が空く感覚は血液中のぶどう糖量が減り、血糖値が下がる事で起ります。 頭脳労働(集中力・記憶力・判断力)を維持する為には脳のエネルギーを切らさない事が大切です。  脳は1時間あたり約5gのぶどう糖を消費しています。  

・長時間にわたる肉体運動等のエネルギー補給に。

・頭脳労働・学習・連続運転等のエネルギー補給に。

・食事がとれないときのエネルギー補給に。

(平行して水分を補給する事も大切です。)

注意:摂取後血糖値が急速に上昇しますので、問題になる方には注意が必要です。


Copyright (c) 2004 三重化糧株式会社 All rights reserved.
三重県三重郡川越町高松615 / TEL:0593-65-2231