三重化糧 創業明治40年

ガラナ水抽出濃縮エキス

脳や体が活性する・・・・アマゾンからの贈り物ガラナのパワー

 ガラナはブラジルの北部や西部で主に栽培されているムクロジ科(つる状)の植物であり学名はパウリニア・クパナと云う、青々と茂ったアマゾン熱帯雨林では高さ12m位まで成長します。種子は小さく丸みを帯び、色は明るい赤で房になっています。

 ブラジルでは古来より民間伝承治療薬としてお茶として毎日多くの人々に愛飲されており、特にガラナの名前が由来しているガラニス族では、種を煎り、破砕し粉にした後水と混ぜてペースト状にして棒状に乾燥ておき、必要量を輪切りにしたり、削ったりして様々な食品や飲み物、薬品の原料の一つとして利用されています、また古来よりヨーロッパの富豪家が不老長寿の秘薬として探させた話は有名であり、今でも貴重な植物です。

ブラジルで古来より伝承されているガラナの生理活性機能とは・・・

(ブラジルでガラナを買うとパンフレットには上記の効能が記載されています)

ガラナは安心して利用出来る自然食品です

 ガラナに含まれる天然のカフェインをガラニンと云い、その含有量はコーヒーの約3〜4倍(3.0〜5.0%)もあるが、長時間かけて体内に吸収され、おだやかに作用しますから副作用がないことが主な特長です。ガラナのカフェインにはテオブロミン、テオフィリン等のキサンチン誘導体や、サポニン、コリン等も含み利尿作用や発汗作用を促進したり、又疲労の軽減に効果があります。 一粒の種子に多くの薬理学的・生理学的な機能を有する植物は現在のところこのガラナの他にありません。

 最近の脳科学の学会では学習記憶力の向上があることや、ガラナのカテキンがアルツハイマー病の原因の一つでもある脳内のβ型タンパクアミロイドの肥大を抑制すると言う科学実験等の発表もあり、ボケ予防に光明ががあると話題になっています。

 弊社のガラナ水抽出濃縮エキスは日本薬学会、日本臨床免疫学会、日本癌学会、日本医学放射線学会など各種学会でその機能性等が発表されています。

 弊社(三重化糧株式会社)はガラナエキスの製造に於いて人の体に必要がない不純物も溶出するアルコール抽出方法を採らず自然法の「水抽出法」で製造しています。そしてガラナの種子を合成する食物繊維やでん粉質等は精製行程で濾過障害を発生しますから、それらの一部をグルコースに酵素分解して飲みやすくしています、そしてできるだけ自然な有効成分を残存するよう製造しています。

△ページのトップへ


Copyright (c) 2004 三重化糧株式会社 All rights reserved.
三重県三重郡川越町高松615 / TEL:0593-65-2231